VIOライン脱毛

サイトマップ

VIOラインは脱毛できれいに

ワキや腕、足などのムダ毛って結構気になるものですよね。自分で剃ったり、家庭用脱毛機を使ったり、脱毛サロンに通うなど色々な脱毛手段があります。 特に薄着になってノースリーブを着たり、ショートパンツをはく時などはムダ毛のない、すべすべの肌でありたいもです。

それに、最近ではワキやスネ以外にも、VIOと呼ばれているデリケート部のムダ毛処理が当たり前になってきています。とはいっても、デリケート部のムダ毛処理は、あまり外から見えないということで、つい忘れがちになったり後回しになりがちで、プールや海で水着になる時に、初めてデリケート部のケアを忘れたことに気づいて、焦ったという経験のある人もいるのではないでしょうか。自分ではケアしにくいし、デリケートな部位なので肌荒れしやすいです。

アメリカやヨーロッパなどの海外では、夏以外にも、デリケート部のムダ毛処理は女性の身だしなみとして当たり前になっており、日本でもそういった考えが徐々に広まっています。それに、デリケート部をキレイにしておけば、生理の時に蒸れたりかぶれたりしにくくなるといったメリットもあります。

デリケート部のムダ毛処理は、ビキニラインぐらいなら自分でも何とかできそうですが、Iラインやお尻の穴付近のOラインになるとちょっと難しいと思います。

なので、やっぱりVラインを綺麗するなら、専門の脱毛エステに通うことをおすすめします。 人にケアしてもらうのは、ちょっと恥ずかしいと感じる人もいるかもしれませんが、サロンのスタッフはケアに慣れているので、安全に肌に優しい方法でケアしてくれるので安心感があります。

脱毛サロンではケアの際に、裸になるわけではなくTバック仕様のショーツを履くことが多いようです。 それに脱毛サロンのスタッフは女性なので、恥ずかしいという気持ちも軽減されるので、利用してみる価値もあると思います。

ただ、自分が思っているのと、脱毛サロンで実際に行う脱毛範囲が異なることもあるので、施術前にしっかり確認しておく必要があります。

ビキニラインのムダ毛処理

 あたたかい季節になると水着を着る時や下着を着るのに気になってしまうのがビキニライン。うっかり気を抜いているとアンダーヘアが出ていたってこともありますし、見た目もきれいではないです。なので薄着の季節は、ビキニラインのムダ毛は常に処理しておかなければなりません。

 ただ自分で処理することも可能ですが、剃り残しがあったり直ぐに伸びて来たりして一向に楽になりません。その上 剃った後が黒くなってしまう事もありますので、ビキニラインの脱毛はきちんとした方がいいと思います。

 では、ビキニラインの整える場合、形はどんな風にすればいいのでしょうか?結構悩むところなんですが、逆三角形が一般的だと言われています。その他にも、縦の長方形を好む人もいます。

Vラインのイメージ図

 しかし、自己処理だと『縦に何センチ、横に何センチ』と決めるのもむずかしく、そこまで上手く処理できません。だからといって、諦めるわけにもいきませんし、綺麗に処理したいと思うのが女の心理です。

 綺麗にビキニラインを整えたいのなら、やはりクーポンをつかって脱毛サロンやクリニックなどに行き、脱毛処理してもらうのが一番効果的だと思います。特にアンダーヘアの濃い人は処理回数も多いでしょうから、できるだけ肌への負担がかからないミュゼのVライン脱毛を低料金で試してみるのもいいのではないでしょうか。

<今月のミュゼ割引>


最新のミュゼ割引情報

「ミュゼ割引を最大に活用した割引とは?」について

ミュゼ割引を最大に活用して、おトクにミュゼ予約を申込みたい方は必見です。期間限定の割引キャンペーンや初回限定のミュゼ割引プラン、割引チケットなど、ミュゼ予約する前に見逃したくないお得情報をご紹介しています。

Copyright © ミュゼ割引を最大に活用した割引とは?. All rights reserved